オールデン > オールデンのタッセル

オールデンのタッセルについて

オールデンにはタッセルという靴があります。
タッセルとはローファーの一種で、オールデンから誕生した靴なのです。

タッセルローファーの誕生ストーリーは有名で、アメリカのポール・ルーカスが何社かに靴を発注したことから始まります。
ルーカスの希望通りの靴を作ることができたのがオールデンでした。
そこで誕生したのがタッセルローファーです。
今では他の靴メーカーでも扱われていますが、当時は独創的なデザインは今までにない新しいものだったのです。
50年以上経った今でも、履き心地などを含めてオールデンに匹敵するものはないとされています。
タッセルといえばオールデンという地位を獲得しています。

当時と全く同じデザインというものはありませんが、当時の面影を残したものが作られています。
タッセルの特徴としては履き口がとても大きく、甲の部分が小さいデザインにあります。
デザイン自体はとてもシンプルなものになっています。
スリッポンタイプではありますが、飾りがついておりとてもお洒落です。
仕事以外で使う人も多いようですが、タッセルは仕事で履く人もいます。
唯一スーツに合わせることのできるスリッポンとして使われているのです。
フォーマルで使う事ができ、なおかつエレガントな雰囲気からアメリカでは弁護士に愛用されているのだとか。
タッセルにも様々な素材がありますが、フォーマルで使うためにはコードヴァンかカーフがいいでしょう。
スウェードはどちらかというとカジュアルな雰囲気が漂っています。