オールデン > 雨で濡れた時の手入れ

雨で濡れた時の手入れについて

オールデンの人気商品に使われている素材と言えば、コードヴァンです。

独特な艶が魅力の靴ができあがります。

そんなコードヴァンの靴のデメリットとしてあげられるのが、水に弱いということです。

雨が降って、濡れてしまうと雨シミができてしまいます。

そのため雨が降ったら、コードヴァンの靴を履かないという人も多いのです。

しかし、オールデンの靴は多少の雨ではダメになることはありません。

突然の雨にも対応できるように普段から防水スプレーをするのもいいですが、きちんと手入れをしておけば、多少の雨は弾くとされています。

防水スプレーをする場合はコードヴァン専用のスプレーをするようにしましょう。

もし雨が降って靴が濡れたら、すぐに水をふき取ることが大切です。

ほっておくとシミができてしまいます。

靴全体に水が浸透してしまった場合は、靴の中に新聞紙を入れるなどして極力水分をとるようにしましょう。
さらにシューキーパーを入れて靴を乾燥させます。
そして革の部分が乾いたら、汚れをクリーナーで落とします。
多少のシミであれば乳化クリームを塗って対処できる場合もあります。
翌日になっても、状態がよくない場合はクリームなどを磨いてみましょう。

ただ、シミの状態がひどい場合は無理にシミを落そうとしないようにしましょう。
逆にコードヴァンに傷がついてしまいます。
自分で直せない場合には靴の修理屋に持っていくか、オールデンを売っているお店に相談をするのがいいでしょう。