オールデン > コードヴァンの欠点

コードヴァンの欠点について

オールデンの人気商品といえばコードヴァンです。

値段が高いにも関わらず、履き心地や素材が他の靴に比べて優れているため、多くのファンがいます。

そんなコードヴァンにも欠点があります。

それは水に弱いということです。

基本的に革素材は水に弱く、雨に濡れるとシミができてしまうことがあります。

オールデンで使われている革は牛革ではなく馬革ですが、やはり馬革の方が雨にはかなり弱いようです。

雨に濡れてしまうと、その部分が火ふくれしたようになってしまいます。

大事な靴だからこそ雨の日にはコードヴァンは履かないという人も多いです。

そして、色落ちがしやすいというのがコードヴァンです。

良いように言えば、使えば使うほど革が馴染んでいい色合いになるのです。

元々染色しにくい素材であるコードヴァンは一足の靴でもムラがあったり、色合いが違ったりします。

綺麗に均一に染まると言うことが少なく、他の革が一度染まった色がすぐ落ちないのに比べて色落ちがしやすいです。

この色落ちは仕方がないと諦めている人が多いようです。

またコードヴァンの靴は他の革に比べると傷がつきやすいという欠点もあります。

繊細な素材であるため仕方がないのですが、高い買い物なのでできれば傷がつきにくい方がいいと考える人もいます。

コードヴァンといえば、艶が魅力の靴であり、そこに傷が入ってしまうのは残念です。
傷が入ってしまってもどうすることもできないので、自分で気をつけて履くしかないのが現状です。