オールデン > オールデンの手入れ

オールデンの手入れについて

最高級靴であるオールデン。いい靴を長く履くためにはきちんとした手入れをする必要があります。

いくら高いお金をだして買った靴とはいえ、手入れがきちんと行われていないと、長く履くことはできません。

オールデンの靴は手入れさえしっかりやっておけば何十年も履ける靴だと言われています。

オールデンの靴でよくいわれるのが、3回履いたら一度は手入れをする必要があるということです。

3回程度ではそんなに汚れていないと思う人もいるかもしれませんが、基本的に目でみて汚れが分かってから手入れするのでは遅いのです。

革のコンディションが悪くなる前の手入れが大切です。

3回履いたら手入れをするという習慣をつけ、長く履けるようにしましょう。

何十年も履く事ができるように靴の手入れの仕方を紹介します。

まずは柔らかい埃落とす用のブラシを使って細かい部分の埃を取り除きます。

革はとても傷がつきやすいので強くこすってはいけません。

次に少量のクリームを塗っていきます。アッパーだけでなく全体に塗るのがポイントです。

クリームが全体に均一に塗れるように布に微量の水をつけて伸ばします。

全体にクリームがつけば、そのまま数分放置します。

そして、ホースヘアブラシで傷つけないようにかるく磨きます。

それから柔らかいシャインググローブで仕上げて終わりです。

ワックスも同じ要領でやっていきます。

少し手間はかかりますが、きちんと続けることで艶のある綺麗な状態を保つことができます。