オールデン > オールデンのこだわり

オールデンのこだわりについて

高級靴メーカーのオールデンは長い歴史を持っています。
1884年にマサチューセッツ州のミドルボロウにALDEN氏によって設立されたのがオールデンです。
最初に設立されたミドルボロウから、拡張のためにノースアビンドンに移され、ALDEN氏が退職するまで工場はノースアビンドンにありました。
その後何度か移転を繰り返し、現在のミドルボロウに1970年に工場が移設したのです。

オールデンのブランドはALDEN氏からTARLOW家に引き継がれた後、4代に渡りオールデンを守っています。
そして現在に至るまで最高級の靴を提供し続けています。

オールデンと言えばコードヴァンが有名ですが、他にベジタンやアリニン・カーフなど全ての素材にこだわっています。
このこだわりは創業当時から変わらず、世界中から集めた最高級の素材がアッパーやレザーに使われているのが特徴です。

他にも足に優しい靴を作っているオールデンは、どんな形の足にも適応できる靴作りを目指したのです。
その結果、他のブランドには真似のできない靴が出来上がったのです。
履き心地がよく、履く人の足に馴染む靴で足が疲れると言うことがありません。
オールデン独特の木型であるため、他では味わうことのできない履き心地になっています。
素材だけではなく、木型にもこだわりを持っています。

素材と木型が揃えば靴づくりが始まりますがそこにもこだわりがあります。
1足の靴を作るのに3週間の時間を費やすのです。