オールデン > 靴の修理

靴の修理について

オールデンのように7万円もする靴を購入したら、誰でも長く履きたいと思うでしょう。
もちろん、日々の手入れをきちんと行い、必要な時に修理に出せば最低でも10年は履く事ができます。

靴を長く履くために大切になってくるのはソールと呼ばれる靴底の部分です。
靴底は地面と擦れるため、歩けば歩くだけ磨り減っていきます。
磨り減ると言っても、人によって歩き方が違うので、磨り減る場所が異なってきます。
踵の部分が磨り減る人もいればつま先部分が減る人もいます。
基本的にオールデンのような高級靴は靴底を取り替えることのできるようになっているので、磨り減った部分は取り替えることが必要です。
踵やつま先の部分が磨り減ったら、部分的な修理が可能です。
値段はお店によって違いますが、一箇所の修理に8000円程度かかるとされています。

さらに長く履き続けると、つま先や踵以外にも磨り減ることがあります。
そういう場合は靴底全体を変える必要があります。
つま先や踵とは違い、他の部分は磨り減ったことに気がつきにくいです。
靴底の中央辺りを押してみて薄くなったのがわかれば、変え時です。
定期的にチェックすれば、薄くなったのがわかるでしょう。
10年履くためには靴底全体を1度は変える必要がでてきます。
靴底全体の場合、15000円程度はするといわれています。

どちらにしても修理するのにある程度のお金は必要になります。
しかし、きちんと修理できれば新品のような綺麗な状態に仕上がります。