オールデン > 長く履くためには

長く履くためにはについて

最高級靴のオールデンの靴を手にいれても、数年で履きつぶしてしまったという人も中にはいます。
せっかく高いお金を出して買ったので10年以上は履きたいですよね。

オールデンの靴を長く履くためによく言われるのが履いた後の手入れと定期的な修理と言われています。
もちろん履いた後の靴には汚れがたくさんついているので手入れが必要です。
そして、定期的に修理に出す必要もあります。酷使しすぎてからの修理はとても大変で、もとの状態に戻らないこともありえるからです。

この手入れや修理以外にもオールデンの靴を長く履く秘訣があります。
それは毎日同じ靴を履かないということです。
毎日オールデンの靴を履くためには最低でも2足は持っていた方がいいとされています。
可能であれば数足の靴を履き回すのが一番いいのです。
その理由は1日履いた靴はたくさんの汗を吸っています。
脱いだ後に靴の中を触ると湿っているはずです。
この汗がなくなるまで、靴を休ませてあげる必要があります。

また、脱いだ後にシューツリーを入れて休ませてあげましょう。
1日履くだけでも、靴は変形してしまいます。
見た目には分からないかもしれませんが、歩き方によって変形してしまうのです。
最初の型を保つためにもシューツリーを入れてあげましょう。
そうすることでより長く履くことができます。何もしないと靴の形が崩れていきます。
変形した靴を履き続けることは足への負担も大きくなるので気をつけましょう。