オールデン > オールデンの白い靴

オールデンの白い靴について

オールデンの靴と言えば、黒や茶色のイメージが強いと思います。
またコードヴァンの革の独特な艶をイメージする人もすくなくありません。
しかし、オールデンの靴には様々な素材や色が使われています。

その中でも密かに人気を集めているのが白の靴です。
本来、白い靴は上流階級の人々がドレッシーな靴として愛用していたのです。
ただ日本ではオールデンを履く人の多くがビジネスシーンで履く事が多いので白は使わないという人が多いのです。
そのためあまりたくさんの種類はありませんが、とてもお洒落な雰囲気を持っています。
ビジネスというよりもプライベートで使う人が多いです。

オールデンの白の靴はショップのコンセプトに合わせて別注されたものが有名です。
ホワイトバックスという素材を使ったものが一番出回っています。
ホワイトバックスを使ったブーツなどもあり、お洒落の範囲を広げてくれます。
そして、ホワイトレザーを使った靴もあります。
白の靴と言えば、ホワイトバックスが有名でホワイトレザーを使ったものは珍しいです。
なかなか見つけることもできないとも言われています。
細部にもこだわったつくりが特徴のオールデンですが、白の靴はステッチもちょっとしたアクセントになりとてもお洒落です。

この白い靴はデニムなどと合わせてもお洒落に履きこなせるので人気です。
デニムと合わせて履く場合は、青の色が移りやすいので注意が必要です。
まめにブラッシングをするなど手入れをしましょう。
デニムと合わせなくても、汚れが目立ちやすいので長く履くためには手入れは大切になってきます。