オールデン > ワイズとは

ワイズとはについて

オールデンの靴を選ぶ際に必要になってくるのがワイズです。
特にインターネットや海外通販で頼む際には、サイズの一つとしてワイズが必要となります。
ワイズとは足の甲のあたりのサイズのことを指します。
基本的にオールデンで販売されている靴のワイズはDかEがほとんどです。
アメリカに行けば、EEも売っている場合があります。
日本で販売されている多くがDワイズになっています。
Dワイズが一番、日本人の足の形にあっているためです。
ごく稀に、日本ではCワイズも販売されています。足の幅が狭い方にはお勧めです。
また履く種類の靴によってワイズが異なるので、いつも同じワイズを買えばいいというわけではありません。
買うときにはお店の人に相談してみましょう。

初めてオールデンの靴を買う場合には、一度履いてみることをお勧めします。
ただ近くにお店がなかったり、安く購入したかったりすると履くことができない場合もあります。
そんな人のためにワイズのはかり方を説明します。
まずは両足に平等に体重をかけてたちます。
それから親指の付け根と小指の付け根を通るようにメジャーで一周測ります。
その長さでワイズを決定します。
また片方の足だけではなく、両方の足を測るのが大切です。
左右によってワイズが違う場合もあるので、必ず両方測りましょう。
日本のワイズの基準と海外の基準は異なるので注意しましょう。
またオールデンの靴でB/Dと表示されていればDワイズ・C/EとなっていればEワイズになります。